So-net無料ブログ作成

引越し侍予約サービス

アート引越センター [アート引越センター]

アート引越センターの創業社長、寺田 千代乃さんの素敵な話を聞くことができました。

 ↓  ↓  ↓


女が子供連れで倉庫に入るとは、けしからん!

と、あのオムロンからクレーム。

緊急の無理を聞いてやってきたので「何を言うか!」

と、あのオムロンとケンカ;^_^A



そんな真っ直ぐな彼女、

自転車・バイク・車好き青年だった後の夫、

寺田寿男さんとバイクレースで知り合い20歳くらいで結婚、

運送会社を二人で始め、10台くらいの小さいトラックで鉄鋼運搬とかで事業開始。



ある日、オムロンこと立石電機から、

精密機器の緊急輸送の依頼があり、

精密機械を運べる箱付きのトラックがなかったので

1台だけあったカローラバンで、

子供二人を連れて

急遽、大阪から京都まで。


そして、冒頭の話。


・・・・

女が子供連れで倉庫に入ってけしからんと、

オムロンからクレームが付いて、

こっちは、緊急の無理を聞いて走っているのに何を言うかと、ケンカ。


<↓つづき>

オムロン側が謝ってきて、今後は専属で輸送してくれと、

箱付きのトラックを貸してくれたとか。



当時の引越し屋は、クオリティが低く、

平ボディーのトラックに家具を積んでいたそうで、

雨に濡れるし、痛むし、

2階から荷物をおろしたり、荷造りはやってくれないし、

家の人がするしかなく、不満だらけ。




オムロンの仕事が月~金だったため、

箱付きトラックは土日が空いている。

看板を「オムロン」から「引越しサービス」に書き換えて

土日は、引っ越しの依頼を受けたそうです。



で、ユーザーの不満をサービス内容に取り入れたら大受け!


すると、真似する業者が次々現れて、

電話帳の後ろの方に追いやられてきたので、

「寺田運輸引越しセンター」から

「アート引越センター」に変えたそうです。

「あ」で始まる名前にね。

引越し業者で「あ」で始まるところ結構見かけますよね、

↑ これも真似された。





ダンボールがないと聞いたら、用意してあげる。

ゴキブリいっぱいで困っていると聞いたら、

運送中の箱のなかでバルサン焚いてあげる。

クルマも運んで欲しいと言われたから、

トラックにカーキャリアをひっ付けた。(特許)

作業員が床を汚したと裁判になったので、

玄関先で靴下の交換をするようにした。

食器や、テレビをカンタンに梱包できるように

梱包機材を作った。(特許)




お客様からの提案カードは、

すぐに現場に反映するようにしているそうです。



自分から思いついた案は、だいたい失敗。

うまくいったのはお客さんの声を聞いたこと。

独りよがりはあかんのですなぁー




のちに、バイトだった子が、テレビのプロデューサーに出世して

ドラマ化されたのが、藤原紀香とぐっさんのドラマ、

「あなたの人生お運びします!」です。




このドラマを観てとっても感動した記憶があります。

日本は、やっぱりこのような優れた中小企業が支えているのでは

ないかと改めて感じたものです。いまでは大手になっていますが、

誠実で家族的な中小企業って、温かみがあっていいですよね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


引越し業者の一括見積もりサービス比較して格安で引越し!
画面右が、一括見積もり
画面左が、新メニュー→オンライン予約まで可

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。